【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

[映画]よだかのほし

[映画]よだかのほし

映画 『 よだかのほし 』 
2012年9月22日公開】(82分)
監督:斉藤玲子  脚本:斉藤玲子
【キャスト】 菊池亜希子 ,眞嶋秀和 , 北上奈緒 ,深水元基 ,今村祈履 ,いせゆみこ ,大宮千莉 ,佐藤誓

北の空に輝く星は、私の道を照らしている

イーハトーブの故郷(ふるさと)・花巻。私はかつての自分と出会う旅にでた。

宮澤賢治の童話『よだかの星』をモチーフにした本作は、賢治の生まれ育ったイーハトーブの町・花巻でロケを敢行。撮影は昨年9月の花巻まつりの期間を中心に、トワが祭りにとけこむ場面やかがり火の鹿踊、イギリス海岸、賢治の井戸、市民の家など。地元の手触りが伝わるロケ地を巡って撮影された。主演は文化系女子のカリスマ、女優の菊池亜希子。本作が『森崎書店の日々』(日向朝子監督・2010年)以来の主演作品となる。最新作は『我が母の記』(原田眞人監督・2012年)。今回の役は「主人公と同じ世代なので漠然とした不安の中で社会人として生きる感覚はよく分かった」という。他に、北上奈緒、佐藤誓、いせゆみこ、と地元岩手出身の俳優陣が参加。脚本・監督は注目の新鋭・斉藤玲子。繊細な演出と透明感のある映像感覚が評価されている。今年は花巻まつりが420周年を迎え、また、来年は宮澤賢治没後80年と記念イベントが続き、新たに“イーハトーブの花巻”は脚光を浴びている。震災後、賢治のメッセージが再評価されるなか、賢治の生まれた花巻を舞台に自らの生きる力を取り戻していく主人公の姿は、今私達に一番大切な事を教えてくれるだろう。






     
             

 

「動画を見る」

映画動画無料視聴TOP

 

 

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

邦画映画動画無料視聴

邦画映画「よだかのほし」動画無料視聴まとめ

ただいま、私の故郷忘れ物を探しに来ました。

【あらすじ・ストーリー】

28歳、彼氏ナシの本郷トワ(菊池亜希子)は、東京で塗装会社の研究員をしている女性。幼い頃に父・ゆきお(眞島秀和)と死別した後、再婚を許す事が出来なかった母とは、10年前に故郷の花巻を出てから音信不通になっていた。会社では同僚にも上司にもなじめず、ひとり浮いた存在。父がまだ元気だった頃、よく読んでくれた宮澤賢治の童話『よだかの星』に出てくる、嫌われ者で醜いよだかに自分を重ね、父の幻影を見ながら空しさを感じて生きていた。ある日、トワは同郷の老人、町子さん(北上奈緒)と知り合う。町子さんは孫に手縫いの浴衣を届けるため、花巻まつりへ行くつもりでいたが、事情により不可能になったことから、代わりにトワが届ける事に。辛い想い出の場所である故郷に帰ることを決意するトワ。夏が終わり、黄金の稲穂輝く岩手県の花巻を訪れた彼女は、手がかりを辿って町子さんの知人を訪ねるが、町子さんの孫はもう何年も前に大人になっていた。町子さんは、一体どこへ行こうとしていたのか……?目的を失くし、途方に暮れたトワの足は、釜石線、イギリス海岸、賢治の井戸、と思い出の場所を歩くうちにいつしか実家へと向かっていた。そんなトワを暖かく迎えてくれたのは、いとこのいずみ(いせゆみこ)。いずみとの思い出話の中で、母の隠れた気遣いを知らされ、周囲の人々の変わらぬ愛情と自分の未熟さを思い知る。日が暮れて見物に出かけた祭りでは、人混みの中に亡き父と幼い自分が手をつないでいる姿を目にして、亡くなった後も父に守られていたことに気づくトワ。山車、太鼓、神輿が入り乱れる祭りのクライマックスは、忘れていた興奮と胸の高鳴りを思い出させてくれた。愛してくれるもの愛すべきものがある故郷の地で、トワの目に子供の頃のような生きる輝きが戻る。北の空に輝くよだかの星のように。動画視聴

 

 

動画視聴はこちらから(□前半 □後半 ■フル動画)映画動画





      
               

 

 

(■※予備動画)映画動画





       
             

 

 

(■※スマホ専用動画)映画動画 ※スマホのみ表示可能

 
 
 
 
 
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

 

俳優女優から検索 ‣年代で映画を検索 ‣ジャンルで検索

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO