【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

[映画]SP(エスピー)野望篇

[映画]SP(エスピー)野望篇 Episode V

映画

SP THE MOTION PICTURE 野望篇』 

2010年10月30日公開】(84分)
監督:波多野貴文  脚本:金城一紀 
原案:金城一紀 
【キャスト】岡田准一真木よう子堤真一 ,香川照之 ,松尾諭 ,神尾佑  ,野間口徹 ,丸山智己 ,堀部圭亮 ,螢雪次朗 ,山本圭

 

衝突する二つの運命。


ドラマシリーズの最後に見せた尾形の行動は、井上たちも予測不可能な「野望」に発展し、やがて国家の命運を決する大いなる「革命」へと帰結する。

フジテレビ系にてオンエア(’07/11月~’08/1月)された連続ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』。「今までにないドラマ!」を目指してスタートしたこのオリジナルドラマは、直木賞作家・金城一紀による斬新なストーリー構成と、主人公・井上薫を演じる岡田准一の観るものの心を捉える迫真のアクションシーンが大きな話題を呼び、毎週土曜深夜という時間帯ながらも、オンエアを重ねるごとに熱狂的な人気を集め、深夜ドラマとして歴代1位の驚異的な高視聴率を記録。さらにゴールデンタイムに進出した2時間スペシャルで20%超えを叩き出し、ドラマ史に残る傑作との評価を得た。そしてオンエア終了直後より、謎に包まれたエンディングに話題が沸騰。堤真一演じる尾形総一郎の真の目的と正義を追い求める井上との対立の行方に注目が集まる中、その問いに最高のクオリティで応えるべく遂に映画化が決定。超絶アクション&スピーディーな展開で構成される『野望篇』と、圧倒的なスケールでこれまでの謎に対する驚愕の真相が明らかにされる『革命篇』の「2部作」となってスクリーンに登場!大きな力によって緻密に組み立てられていく企みが怒涛の勢いで井上たちを追い詰めていく。警視庁警備部、警視庁公安部、政界関係者、そしてテロリストたち―スクリーンでしか描くことの出来ないサスペンス・アクションの集大成が遂にそのベールを脱ぐ! 主演の岡田准一は、ドラマ放送時から続く肉体改造とSPの戦闘術をはじめとする様々な格闘技の修練を2年以上にわたって継続。アクションシーンのすべてをノー・スタントで完璧に演じきった。8ヶ月を超える長期撮影のメガホンをとったのはドラマシリーズを手がけた新鋭・波多野貴文。音楽は傑作の誉れ高い『SP』のテーマを生み出した菅野祐悟。更に『SP』映画化にあたりハイクオリティな映像世界を目指してVFXスーパーバイザーに「エイリアン2」「ターミネーター2」で2度のアカデミー賞の栄冠に輝いたロバート・スコタック氏を招聘。ポストプロダクション(仕上げ作業)はベースをハリウッドに移し、世界最高峰のスタッフらによって映画『SP』が作り上げられることとなった。






     
             

 

「動画を見る」

映画動画無料視聴TOP

 

 

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

邦画映画動画無料視聴

邦画映画「」動画無料視聴まとめ

「仕方がないだろ。大義のためだ…」

【あらすじ・ストーリー】

ある日、尾形率いる四係のメンバーは、六本木ヒルズのイベント会場で警護に当たっていた。そんな中、これから起こりうる惨劇を特殊な能力“シンクロ(同調)”で感じ取った井上は、傘を持ったスーツ姿の男をマークするよう仲間に知らせる。だが笹本が声をかけた途端、その男は逃走。井上らは都内のど真ん中で壮絶な追跡を繰り広げ、ようやく地下鉄の構内で男を確保する。しかしこの騒動をマスコミに大きく報じられたことから、井上は「SPとして適切な職務執行の域を超えるな」と警護課長からクギを刺されてしまう。

動画視聴

 

 

動画視聴はこちらから(□前半 □後半 ■フル動画)映画動画





      
               

 

 

(■※予備動画)映画動画





       
             

 

 

(■※スマホ専用動画)映画動画 ※スマホのみ表示可能

 
 
 
 
 
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

 

俳優女優から検索 ‣年代で映画を検索 ‣ジャンルで検索

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

野望篇(Episode V)

麻田首相襲撃事件後、「自殺」した西島の死に「大義のためだ」と謎の言葉を発した尾形に井上は不信感を抱いていた。1ヵ月後、同じ警護課第四係のメンバーと共に六本木ヒルズのイベントで警護に当たっていた井上は、爆弾テロを起こそうとする不審な男の存在を感知、追跡劇の末に男を逮捕することに成功する。
尾形は公安の田中に目をつけられながらも、官僚として要職に就く同じ大学サークル「雄翔会」のメンバーと彼らを支援する国会議員の伊達と一堂に会す。彼らは国民の価値を揺るがす計画を実行する野望を秘めていた。井上を自分達の下に引き入れたい尾形は井上と対峙し、自分達の過去を引き合いに説得を試みるが、井上に拒絶される。
第4係が伊達の警護を担当し、任務を終えた中、北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したという情報が入る。第4係メンバーはこの事態に対応するために国会議事堂に向かう官房長官の警護を担当することに。井上の存在を危険視する尾形の仲間が、その機に乗じて井上を始末しようと画策、第4係は突如送り込まれたテロリストと対決する。

 

 

野望篇(Episode V)挿入曲

リヒャルト・ワーグナー
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲
ポーランド国立放送交響楽団(ヨハネス・ヴィルトナー指揮)

ジャコモ・プッチーニ
歌劇「トゥーランドット」-誰も寝てはならぬ
ヤネス・ロトリッチ(テノール),キエフ室内合唱団
ウクライナ国立歌劇場交響楽団(ヨハネス・ヴィルトナー指揮)

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO