【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

[映画]沈まぬ太陽

[映画]沈まぬ太陽

映画 『 沈まぬ太陽 』 
2009年10月24日公開】
監督:若松節朗 脚本:西岡琢也
原作:山崎豊子 『沈まぬ太陽』 【キャスト】 渡辺謙, 三浦友和, 松雪泰子, 鈴木京香, 石坂浩二香川照之, 木村多江, 清水美沙, 鶴田真由, 柏原崇, 戸田恵梨香, 大杉漣, 西村雅彦, 柴俊夫, 風間トオル, 山田辰夫, 菅田俊, 神山繁, 草笛光子, 宇津井健, 小林稔侍, 加藤剛

魂が、震える。


観るものの魂を震わせる感動巨編、遂にスクリーンに登場。

「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最高傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで、遂にスクリーンに登場する。『沈まぬ太陽』映像化にあたっては日本映画界最高のスタッフ&キャストが集結した。注目のキャストは日本映画最高の顔ぶれが揃った。主人公・恩地元には日本が世界に誇る名優、渡辺謙。今やハリウッドを舞台に活躍し、世界中が認めるその演技力で恩地という男の不屈の姿をスクリーンに焼き付けることになる。そして恩地の同僚ながらも袂を分かち対照的なエリートコースを歩む行天四郎に実力派俳優の三浦友和、恩地の同僚で行天の愛人・三井美樹に松雪泰子、恩地の妻・りつ子に鈴木京香、さらに政府より巨大企業の再建を託される国見会長を石坂浩二が演じる。くわえて、豪華俳優陣が数々のシーンを彩り、まさに、オールスターキャストと呼ぶべき顔ぶれが、本作で一堂に会した。監督は日本映画の金字塔「ホワイトアウト」を手がけた若松節朗。自身の念願であった『沈まぬ太陽』映画化に全身全霊を込め、9年ぶりに大作映画の演出を手がける。脚本には、「陽はまた昇る」で白熱の企業ドラマを手掛けたベテラン・西岡琢也。昭和40年代から、60年代という、終戦から復興を遂げた日本が経済大国へと急成長した激動の時代。未曾有の航空事故、政界汚職という波乱の舞台は、日本のみならず、中東、アフリカ、アメリカへと壮大なスケールで展開し、感動と慟哭の熱い人間ドラマが3時間を超える大巨編としてスクリーンに登場。






     
             

 

「動画を見る」

映画動画無料視聴TOP

 

 

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

邦画映画動画無料視聴

邦画映画「」動画無料視聴まとめ

30年間、企業の不条理に翻弄されても絶対に諦めなかった男仕事とは、家族とは、人生とは…苦悩する現代社会に投げかける、壮大なる人間の叙事詩

【あらすじ・ストーリー】

昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との長年にわたる離れ離れの生活で焦燥感と孤独に追いつめられ、本社への復帰を果たすも不遇な日々は続くのだった。そんな中、航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こり…。動画視聴

 

動画視聴はこちらから(□前半 □後半 ■フル動画)映画動画





      
               

 

 

(■※予備動画)映画動画





       
             

 

 

(■※スマホ専用動画)映画動画 ※スマホのみ表示可能

 
 
 
 
 
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

 

俳優女優から検索 ‣年代で映画を検索 ‣ジャンルで検索

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

沈まぬ太陽の原作本の紹介

『沈まぬ太陽』(しずまぬたいよう)は、1995年(平成7年)から順次発表された、作家・山崎豊子による3編に渡る長編小説である。
日本航空と、実在する同社社員で同社の労働組合役員である人物の体験に基づいて脚色、再構成されたフィクション社会派作品。2009年(平成21年)には、同名の映画化作品が公開された。

 


アフリカ篇
作中の現在は1971年(昭和46年)11月13日午後(ケニア時間)より。
国民航空ナイロビ支店に勤務する恩地を中心に物語は進行する。国民航空の労働組合委員長として経営陣と対立した結果、カラチ、テヘラン、そしてナイロビの足掛け8年に渡る「現在の流刑」にも等しい左遷人事に耐える中で、母親と死別し、家族と別れることになった経緯と作中の現在に至るまでが、回想形式で描かれる。一方、大学の同輩であり組合の副委員長として恩地を蔭ながら支えてきた行天四郎は、堂本常務の言葉によって恩地と袂を別ち、出世街道を歩むこととなる。

 

 


御巣鷹山篇 
作中の現在は1985年(昭和60年)8月12日18時24分頃(日本時間)より。
10年の左遷に耐えて日本に帰国した恩地であったが、国民航空は追及の手を緩めず、恩地を更に10年の間、東京本社での閑職に追いやる。そんな中、御巣鷹山で「国航ジャンボ機墜落事故」が発生、救援隊・遺族係へ回された恩地を中心に物語は進行する。一部実在者を含む遺族の姿がオムニバス形式で随所に挿入されており、他の2編とは色合いを異にする。

 


会長室篇 
作中の現在は1985年(昭和60年)12月より。
御巣鷹山墜落事故から4ヶ月後、利根川総理大臣は国民航空の再建を期し、関西の紡績会社の会長である国見正之を国民航空会長に据えた新体制をスタートさせた。遺族係として大阪に赴任していた恩地は東京に呼び戻され、国見が新設した「会長室」の部長に抜擢される。改革に奔走する国見と恩地、そして次期社長の座を狙う行天を中心として、国民航空の腐敗体質の温床となった存在と、その背後の黒幕が描かれる。

 

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO