【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

[映画]青木ヶ原

[映画]青木ヶ原

映画 『 青木ヶ原
2013年1月12日公開】
監督:新城卓  脚本:水口マイク ,新城卓 
原作:石原慎太郎 「青木ヶ原(生死刻々)」 【キャスト】 勝野洋 ,前田亜季 ,矢柴俊博 ,石原良純 ,ゴリ ,二木てるみ ,左とん平 ,渋谷天外 ,津川雅彦

 

約束は、好きにならないこと。

純愛の果てに男と女が辿りついたのは、奇跡の命が宿る森だった

私を好きにならないで、と女は言った。男はすべてを失ってでも女を守りたいと思った。何ひとつ思い通りにはいかない世の中で、純愛を貫こうともがき続けた二人は、樹海に分け入り、自らの生に決着をつけようとした。やがて二人の情念は時空を超え、彼らの人生に触れた者たちに不思議な縁をもたらす――。富士山麓、苔むした溶岩の上に木々が鬱蒼と茂る青木ケ原樹海。一度迷い込んだら簡単には抜け出せないその神秘の森を舞台に、魂を揺さぶる悲恋物語が誕生した。石原慎太郎による原作(「生死刻々」所収)を、『秘祭』『俺は、君のためにこそ死ににいく』でも石原と組んだ新城卓が映画化。これまで様々な死のかたちを通して生を照射してきた最強のコンビが、美しい“死に様=生き様”とは何かを問いかける。キャストにも筋の通った俳優たちが揃った。樹海で命を絶った男の幽霊に導かれ、遍歴を辿っていく映画の語り手であるペンション経営者に勝野洋。妻子ある身でありながら恋に落ち、死してなお想いを遂げようとする男に矢柴俊博。男の愛に揺れる天涯孤独のヒロインに前田亜季。その他、田中伸一、石原良純、ゴリ(ガレッジセール)、二木てるみ、左とん平、渋谷天外、津川雅彦らが脇を固め、円熟した演技で物語にさらなる奥行きを与えている。






     
             

 

「動画を見る」

映画動画無料視聴TOP

 

 

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

邦画映画動画無料視聴

邦画映画「青木ヶ原」動画無料視聴まとめ

青木ケ原の樹海 ―――悲恋を遂げた二人 そこには絆の不思議さ、 命の大切さを描いた儚くも美しい物語があった。

樹海に残された儚くも美しい愛の断片二人に何が起こったのか?

【あらすじ・ストーリー】

富士山麓、苔むした溶岩の上に木々が鬱蒼と茂る青木ヶ原樹海は、世間から姿を消したいと願う人々が集まってくる。忍野村でペンションを経営する松村雄大(勝野洋)が行きつけのバーで出会った男(矢柴俊博)は、松村が参加する遺体一斉捜索に同行したいと申し出る。翌日の捜索で、その男が約2年前の遺体となって発見される。松村が丁寧に葬ると、男は再び現れて頭を下げる。しかし男の幽霊は松村の前に現れ続ける。村の住職(津川雅彦)は、男は松村に頼みたいことがあるはずだと言う。県警の友人から男の身元を聞き出した松村は、彼が入婿として若旦那をつとめていた東京の老舗紙問屋に行く。男は滝本道夫といい、恋愛結婚をした妻・志津(長谷川真弓)と息子がいた。しかし2年前に金庫の金を持って家を飛び出した滝本を遺族は許しておらず、遺骨の引き取りを拒否される。調査を続ける松村は、紙問屋の番頭(渋谷天外)や滝本の親友・大前(田中伸一)の話から、滝本と加納純子(前田亜季)という若い女性の関係を知る。ライオンズクラブの慈善活動で、幼稚園に勤める純子と出会った滝本は、幼いころ富士山麓で起きた交通事故で両親を失い、自身も足に障害を負いながら明るく生きる純子に惹かれていった。純子は自分を好きにならないよう訴えるが、2人の純愛はますます絆を深めていく。やがて純子が白血病で倒れると、滝本は彼女を守る決意をする。破格の費用をかけた手術で恢復したかに見えたが、ある日、純子は化学療法をやめ、姿を消す。2年前、滝本は最後の電話で大前に、純子を見つけたと告げたという。松村は謎を明らかにするために、樹海へ向かう。動画視聴

 

 

動画視聴はこちらから(□前半 □後半 ■フル動画)映画動画





      
               

 

 

(■※予備動画)映画動画





       
             
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

 

俳優女優から検索 ‣年代で映画を検索 ‣ジャンルで検索

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

標高は920m-1300m付近。面積はおよそ30平方キロメートルで、これは山手線に囲まれた面積に匹敵する。実際よりも広大なイメージを抱いて「富士の裾野」と表現する人もいるが、裾野全体に広がっているわけではないので、これは誤りともいえる。
貞観6年(864年)に、富士山の北西山麓で大規模な噴火活動(貞観大噴火)が発生した。流れ出た膨大な量の溶岩は森林地帯を焼き払った末に、北麓にあった広大な湖・剗の海に達し、大半を埋没させた。やがて溶岩地帯には、1200年の時を経てツガやヒノキを中心にハリモミ、ヒメコマツ、アカマツなどの針葉樹やミズナラなどの広葉樹の混合林である原始林が形成された。植物の垂直分布では落葉広葉樹が発達する山地帯にあたるが、水分や養分の少ない溶岩質の土壌であることから針葉樹が発達している。人為的攪乱の加わっていない原生林であると考えられているが、伐採が行われていた可能性が指摘され、石塁も発見されている。周辺には風穴と呼ばれる洞穴を始め、溶岩洞などが数多くある。
溶岩流の端には西湖、精進湖、本栖湖がある。864年の噴火以前には現在の青木ヶ原の地に剗の海(せのうみ)という大きな湖があったが、溶岩流でその大部分が埋め立てられた末に西湖と精進湖とが残った。このいきさつは日本三代実録に記されている(→剗の海および富士山の噴火史#略年表を参照)。また紀元前4,000年紀に起きた噴火以前には、剗の海と本栖湖とを隔てる溶岩塊も存在せず、両者はひとつの大きな湖であったとされる。
樹海の中には国道139号などが通っている。樹海そばにある三湖台を登ると、頂上からは樹海が見渡せる。

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO