【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

[映画]11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち

[映画]11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち

 

これは、絶望からの出発だ。


生きながらえる未来を考えるのは堕落だ。

映画 『 11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち 』 
2012年6月2日公開】(119分)
監督:若松孝二  脚本:掛川正幸 ,若松孝二
【キャスト】 井浦新(ARATA) ,満島真之介 ,岩間天嗣 ,永岡佑 ,鈴之助 ,渋川清彦 ,大西信満 ,地曳豪 ,タモト清嵐 ,中泉英雄 ,橋本一郎 ,平野勇樹 ,鈴木信二 , 落合モトキ ,粕谷佳伍 ,磯部泰宏 ,小橋和之 ,水上竜士 ,安藤岳史 ,辻本一樹 ,山岡一 ,増田俊樹 ,よこはまよしひろ ,中沢青六 ,岡部尚 ,安部智凛 ,森岡龍 ,安田暁 ,寺井文孝 ,藤井由紀 ,長谷川公彦 ,韓英恵 ,小林優斗 ,小林三四郎 ,笠松伴助 ,小倉一郎 ,篠原勝之 ,吉澤健 ,寺島しのぶ


いかに生き いかに死ぬべきか

数々の名作と伝説を遺し、1970年11月25日に、防衛庁内で衝撃的な自決を遂げた一人の男、三島由紀夫。頂点を極めた大作家の壮絶な最期に、世界中が驚愕した。45歳という短い人生を自ら幕引きした彼は、その人生において、何を表現したかったのか。ともに割腹した青年・森田必勝(楯の会学生長)と三島の、その心の奥底には、何か潜んでいたのか。「三島の美学だ」「三島の政治だ」「三島の限界だ」と、これまで、彼の作品や人生を分析、評論したものは数多ある。しかし、若松孝二が描き出そうとしたのは、「三島由紀夫」の人生の再現ではない。1936年2月26日の青年将校らによるクーデター未遂。あの将校らの姿を見つめるミシマ少年の眼差し、そして、敗戦後の日本を見つめる青年ミシマの眼差し、また、高まりゆく学生運動を見つめる作家ミシマの眼差し、若松は、そこに徹底的に寄り添おうとする。浅沼稲次郎社会党委員長を刺殺した17歳のテロリスト山口二矢。大学解体、反権力を叫んで安田講堂に立て籠もった全共闘たち。人質をとって籠城し、差別への怒りをぶちまけた金嬉老。これらが、三島の脳裡に焼き付けたもの。「お前が信じるものは何だ?」三島が若き森田に問いかける。三島は何を信じたのか。あるいは信じたかったのか。最期の絶叫の瞬間、彼の瞳は何を見つめていたのだろうか。強烈な人間の衝動を映像に封じ込め続けてきた鬼才・若松孝二が11・25自決までの三島と若者たちの魂の軌跡を追う。






     
             

 

「動画を見る」

映画動画無料視聴TOP

 

 

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

邦画映画動画無料視聴

邦画映画「」動画無料視聴まとめ

論理に従って行動しようとは思わない。残されたのは、意地だ。

【あらすじ・ストーリー】

『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『サド公爵夫人』『憂国』……数々の名作を著し三島由紀夫(井浦新)はノーベル賞候補と目される文豪になっていた。その一方で、学生運動全盛期の1968年、三島は民族派の学生らとともに楯の会を結成。有事の際には自衛隊とともに出動し、命を賭す覚悟であった。しかし暴動が起きても機動隊がこれを治め、自衛隊の出る幕はなく、三島と楯の会の面々は歯噛みする。三島の見つめてきた二・二六事件、浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件、安田講堂事件をはじめとする学生運動、戦後の日本とは。そして、1970年11月25日、三島は楯の会の4人と共に、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地へと向かう……。

動画視聴

 

 

動画視聴はこちらから(□前半 □後半 ■フル動画)映画動画





      
               

 

 

(■※予備動画)映画動画





       
             
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

 

俳優女優から検索 ‣年代で映画を検索 ‣ジャンルで検索

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO