【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

[映画]KOTOKO(コトコ)

[映画]KOTOKO(コトコ)

映画 『 KOTOKO 』 
2012年4月7日公開】(91分)
監督:塚本晋也  脚本:塚本晋也 
原案:Cocco 
【キャスト】 Cocco

琴子の歌が、祈りが、世界を震わす。

生きろ、生きろ、生きろ


懸命に生きようともがくひとりの女性を通して描く愛と祈りの物語。

2011年9月、第68回ベネチア国際映画祭で、20分以上におよぶ熱狂的なスタンディングオベーションが『KOTOKO』に贈られた。審査員全会一致でオリゾンティ部門最高賞(グランプリ)を獲得。同時にイタリア、57の映画WEBサイトの評論家がNo1を選ぶシルバーマウス大賞をダブル受賞。11月にエストニアで開催された第15回タリン・ブラックナイト映画祭最高映画表現者賞を塚本晋也とCoccoが獲得。未来へと続く新たな傑作の誕生に、世界は惜しみない称讃を贈り続けている。魂に共鳴する歌声、心揺さぶる詞、独特の世界観と圧倒的な存在感で人々を魅了するシンガーソングライター、Cocco。『鉄男』『六月の蛇』など独自のスタイルと強烈な映像言語で国内外の映画ファンを虜にしてきた映画監督、塚本晋也。『ヴィタール』『Inspired movies』を経て――。長年、Coccoと映画を作ることを願っていた塚本は、彼女の内面に迫るインタビューをくりかえし、脚本化。演技を超えたCoccoの肉体表現を、塚本は見つめ、見守り、寄り添い、ときに攻撃し、密度の高い共同生活を重ねていった。「これまで見たことのない」奇跡が起きた。

(C)2011 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER   映画「KOTOKO」 公式サイト


スポンサードリンク
         
 

 

「動画を見る」

映画動画無料視聴TOP

 

 

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

邦画映画動画無料視聴

邦画映画「KOTOKO」動画無料視聴まとめ

稀代の表現者、Cocco。『鉄男』『六月の蛇』の鬼才・塚本晋也。強烈な個性のアーティストふたりが、まるでプライベートフィルムのように親密に作り上げた、壮絶で巨大な愛の物語。クランクイン直前に起きた東日本大震災と原発事故。母親が子供を守るという当たり前のことが困難であろう未来。人が生きることの苦しみと美しさが溢れ出す。『KOTOKO』はあなた自身かもしれない――。愛する息子を守ろうとするあまり、現実と虚構のバランスを崩していく女性の慟哭と再生。

【あらすじ・ストーリー】

琴子(Cocco)は世界がふたつに見える。ひとつに見えるのは歌っているときだけだ。琴子には幼い息子・大二郎がいる。日常は予測できない恐怖に満ちている。息子を守ろうとするあまり強迫観念は肥大化し、琴子は現実と虚構の狭間を彷徨いはじめる。そして世間から幼児虐待の嫌疑をかけられ、愛する息子と引き離されてしまう。そんなある日、田中(塚本晋也)と名乗る男が突然、琴子に声をかけてくる。彼女の歌と、歌う姿に魅了されたという田中と一緒に暮らしはじめ、世界はひとつになると思えたが……。

動画視聴

 

 

「映画邦画動画を見る」 

邦画映画動画視聴まとめ

 

(□前半 □後半 ■フル動画)


スポンサードリンク
           
 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

 

俳優女優から検索 ‣年代で映画を検索 ‣ジャンルで検索

 

[邦画映画動画視聴まとめ]TOPへ戻る

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO