【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

平清盛 41話[NHK大河ドラマ]「賽の目の行方」

平清盛 41話[NHK大河ドラマ]「賽の目の行方」


スポンサードリンク
         
 

 

「動画を見る」

ドラマナイ ン動画無料視聴TOP

 

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

ドラマ動 画無料視聴

ドラマ「平清盛[NHK大河ドラマ]」動画無料視聴

第41回 2012.10.21放送「賽の目の行方」

【あらすじ・ストーリー】

1176(安元2)年。平清盛(松山ケンイチ)と後白河法皇(松田翔太)との関係をとりもってきた建春門院滋子(成海璃子)が急死した。今後も後白河法皇との関係を良好に保つため、高倉天皇(千葉雄大)の中宮となった清盛の娘・徳子(二階堂ふみ)が皇子を産むことを願う清盛だが、徳子に懐妊の兆しはなかった。そこへ、不穏な知らせが舞い込む。後白河法皇が、仏門に入っていた2人の息子を都に呼び戻し、高倉天皇の養子にしたというのだ。それは高倉天皇を政治の場から遠ざけるための布石のように清盛は感じた。
清盛は長男・重盛(窪田正孝)を後白河法皇のもとへさしむけ、法皇への忠誠心を訴えるとともに、四男・知盛(小柳友)を蔵人頭にするよう頼むが、後白河法皇は受け入れない。危機感を募らせた清盛は、友好関係にある比叡山の僧・明雲(腹筋善之介)を呼び出し、いざというときには力を貸すよう念を押す。
伊豆では、頼朝(岡田将生)のことが気になる政子(杏)が、頼朝に源氏重代の太刀を見せてくれと懇願した。その熱意に押された頼朝は太刀を見せ、強き父・義朝(玉木宏)の記憶を話し始める。そんな父も清盛に敗れ、伊豆に流された自分にはもはや無念さしか残されていないと語る。そんな頼朝に政子は、東国武士のために立ち上がるべきだと訴えるが、頼朝は清盛という男の恐ろしさを語るのみだった。
1177年、後白河法皇は千僧供養のため福原を訪ねた。清盛とのわだかまりは消えたかに思えたが、後白河法皇は、「もうここへは来ない」と清盛に告げる。清盛はいざという時がきたことを覚悟した。
やがて明雲の命を受けた山法師による強訴が起きる。訴えの内容は、法皇の側近・西光(加藤虎ノ介)の2人の息子を流罪にせよというもの。加賀守目代である息子・師経(清水優)が加賀にある比叡山の末寺ともめた際、焼き打ちにしたことがその理由であった。後白河法皇は重盛に強訴鎮圧を命じる。重盛は即座に兵を内裏に配置するが、清盛と比叡山との良好関係にも配慮し、あくまでおどしをかけるだけにしろと命じる。しかし、兵たちは強訴の集団と衝突する中で、神聖な神輿(しんよ)に矢を射てしまう。

動画視聴

 

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

(□前半 □後半 ■フル動画)


スポンサードリン ク
           
 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間か ら検索 ‣曜日から検索

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO