【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

平清盛 39話[NHK大河ドラマ]「兎丸無念」

平清盛 39話[NHK大河ドラマ]「兎丸無念」


スポンサードリンク
         
 

 

「動画を見る」

ドラマナイ ン動画無料視聴TOP

 

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

ドラマ動 画無料視聴

ドラマ「平清盛[NHK大河ドラマ]」動画無料視聴

第39回 2012.10.7放送「兎丸無念」

【あらすじ・ストーリー】

1171(承安元)年12月。遮那王(のちの義経:神木隆之介)は京・五条大橋の上で、弁慶(かつての鬼若:青木崇高)と鉢合わせする。遮那王を、平家の密偵・禿(かむろ)だと勘違いした弁慶は容赦なく斬りかかる。それをたくみにかわす遮那王との攻防の末、弁慶は目の前の少年がかつて世話をした常盤(武井咲)の子・牛若だと気づき、思わず抱きかかえた。大輪田の泊(神戸港)の改修をおこなう平清盛(松山ケンイチ)は、宋国の使者と後白河法皇(松田翔太)の面会を成功させ、次は宋の高官を迎え、正式な交易を始めたいと考えていた。大願成就のために行った万灯会(まんとうえ)では、松明(たいまつ)の明かりを眺めながら、泊(とまり)の改修を一任している兎丸(加藤浩次)が民の信頼厚いことを実感。工事も順調に進んでいることに安堵(あんど)していた。
しかし兎丸は、禿を使った時忠(森田剛)の手荒なやり口と、それを黙認し続ける清盛に不満を募らせ、禿を野放しにすれば、痛い目を見るぞと、清盛に苦言を呈す。一方、福原での万灯会に招かれた西行(藤木直人)は、その後京の時子(深田恭子)を訪ね、清盛への不安な思いを吐露するのだった。
やがて清盛のもとに、宋の皇帝の名代とも言える宋・明州の長官が、3か月後に福原を訪れるという知らせが舞い込む。清盛は、それまでに泊の改修を完了せよと兎丸に命じる。早くても完成に半年はかかると見立てていた兎丸は反発するが清盛の意志は固かった。兎丸たちは何とか間に合わせようとするが、無理に急いだため、けが人が続出する。それでも現場の声に耳を貸さない清盛に、兎丸はいよいよ爆発。自らの利を追求しているだけだと清盛を責め、仲間とともに京に帰ってしまう。
五条大橋の下で仲間たちと酒を飲む兎丸。妻の桃李(柊瑠美)は仕事を続けるように説得するが、兎丸は何十年にもわたる清盛との因縁や信頼関係を思い出し、裏切られた悔しさと悲しみにとらわれていた。そして平家をののしりながら酒を飲みつづけ、一人になった兎丸の前に禿があらわれた。悪事をやめるように説得する兎丸に禿は襲いかかった。

動画視聴

 

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

(□前半 □後半 ■フル動画)


スポンサードリン ク
           
 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間か ら検索 ‣曜日から検索

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO