【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

平清盛 38話[NHK大河ドラマ]「平家にあらずんば人にあらず」

平清盛 38話[NHK大河ドラマ]


スポンサードリンク
         
 

 

「動画を見る」

ドラマナイ ン動画無料視聴TOP

 

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

ドラマ動 画無料視聴

ドラマ「平清盛[NHK大河ドラマ]」動画無料視聴

第38回 2012.9.30放送「平家にあらずんば人にあらず」

【あらすじ・ストーリー】

後白河法皇(松田翔太)と宋人との面会を成功させた清盛(松山ケンイチ)は、宋船を福原に直接、入港させようと考える。そのため、大型船が入れるように大輪田泊(おおわだのとまり)の改修工事を兎丸(加藤浩次)に急がせる。そのためには波よけの堤防が必要だったが、兎丸はその工法が分からず、試行錯誤を繰りかえしていた。
京では、清盛から「都でつとめを果たしてくれ」といわれた時忠(森田剛)が、「禿(かむろ)」と呼ばれる身寄りのない子を密偵として町中に放ち、清盛の国づくりに異を唱える者を容赦なく断罪した。その手荒なやり口を見て、時子(深田恭子)は、このままでは平家が憎まれものになってしまうと心配する。
一方、伊豆では、政子(杏)が、頼朝(岡田将生)が涙ながらにつぶやいた「わが身は滅びても、源氏の魂は断じて滅びぬ」という言葉を忘れられずにいた。彼女が真剣なまなざしで父・時政(遠藤憲一)にその意味を問うと、頼朝の悲しい生い立ちを語り始める。源氏の御曹司である頼朝は父・義朝とともに戦った平治の乱で平清盛に敗れ、伊豆に流されたこと。その後、伊東祐親(峰竜太)の娘、八重姫(福田沙紀)と恋仲になり、赤子が生まれたが、清盛の怒りを恐れた祐親がその赤子を殺してしまったことを政子は聞かされる。初めて知った平清盛という大きな存在に政子は恐れおののくのだった。
福原では兎丸が、大輪田泊に堤防をつくる手立てを考えつく。古い船に大量の石を積んで沈め、それらを積み上げるという方法だった。そんな折、時子が病との知らせが入り、清盛は京にある時子の館へかけつける。にわかに回復していた時子は、清盛の来訪を喜び、久しぶりにふたりは語り合う。時子は清盛に京へ帰るよう訴え、病の重盛(窪田正孝)や、時忠の強引なやり口など平家の不安要素をならべるが、清盛には届かない。それどころか清盛は、さらなる野望の実現にまい進していた。清盛は平家一門を集め、娘・徳子(二階堂ふみ)を高倉天皇(千葉雄大)に入内させたいと打ち明ける。大それた野望に一門は、驚きあわてふためくのだった。

動画視聴

 

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

(□前半 □後半 ■フル動画)


スポンサードリン ク
           
 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間か ら検索 ‣曜日から検索

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO