【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

平清盛 32話[NHK大河ドラマ]「百日の太政大臣」

平清盛 32話[NHK大河ドラマ]「百日の太政大臣」


スポンサードリンク
         
 

 

「動画を見る」

ドラマナイ ン動画無料視聴TOP

 

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

ドラマ動 画無料視聴

ドラマ「平清盛[NHK大河ドラマ]」動画無料視聴

第32回 2012.8.19放送「百日の太政大臣」

【あらすじ・ストーリー】

1165年、清盛(松山ケンイチ)は、娘婿である摂政・藤原基実(忠通の子:村杉蝉之介)の後ろ盾によって、武士として初めて大納言にのぼった。この前代未聞の出世は公卿たちの反発を買っていた。
大臣たちが列席する朝議で、清盛は都近くの港・大輪田泊を改修することを提案するが、藤原摂関家の左大臣・基房(細川茂樹)は話を聞こうとしない。朝議の後で基実は清盛を気づかうが、そんな基実の態度を弟である基房や、兼実(相島一之)は苦々しく思っていた。
後白河上皇(松田翔太)の側近である藤原成親(吉沢悠)はもっと清盛に歩み寄ることを提案するが、上皇はいずれ清盛が自分にひれ伏するだろうと不敵に笑った。そんな折、後白河上皇に貢ぎ物を届けにきた清盛は、御所でかつて信西(阿部サダヲ)に仕えていた西光(加藤虎ノ介)と出会う。清盛は亡き信西の遺志を継ぎ、中国との交易を実現しようとしていることを告げると、西光は信西を殺した源義朝の子(頼朝)をなぜ死罪にしなかったのかと責めた。この後、西光は後白河上皇の近臣として仕えることになった。
一方、伊豆の頼朝(岡田将生)は、監視役の豪族・伊東祐親(峰竜太)の娘、八重姫(福田沙紀)と恋仲になっていた。祐親は大番役で京の清盛のもとに仕えており、留守であった。そんなとき、八重姫が頼朝の子を宿していることがわかる。頼朝は命にかえても八重姫とその子を守り抜くことを誓う。

動画視聴

 

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

(□前半 □後半 ■フル動画)


スポンサードリン ク
           
 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間か ら検索 ‣曜日から検索

 

平清盛 [NHK大河ドラマ]TOPへ戻る

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO