【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

毒<ポイズン>7話

毒<ポイズン>7話

「絶対に証拠が残らない毒薬。さあ、完全犯罪をどうぞ。」


[毒<ポイズン>]TOPへ戻る

 

ドラマ動画無料視聴

ドラマ「毒<ポイズン>」動画無料視聴

第7話 部下が上司を殺すとき

【あらすじ・ストーリー】

保険会社の営業所に勤める正田大樹(五十嵐隼士)は所長の秋山詩織(伊藤裕子)の営業記録を塗り替える成績を残して表彰を受ける。大樹は同じ営業所の事務員、吉野京子(原幹恵)と婚約していて、早く結果を出して本社に戻りたいと考えていた。夜、京子と会う予定だった大樹は詩織から残業を命じられる。昼間に社内でキスしていた大樹と京子を偶然見かけた詩織の嫌がらせだった。

詩織はねちねちと嫌みを言いながら大樹の股間にコーヒーをかける。大樹が慌てて詩織の手を払うと、コーヒーが詩織のハイヒールにかかってしまう。すると、詩織は上司命令だと言ってハイヒールを舐めろと強要。この後、詩織は外交員との飲み会に大樹を連れて行き、下戸の大樹に無理やり酒を飲ませる。その帰り道、大樹の目の前に松井(綾部祐二)が現れる。松井は究極の毒薬の説明をした後、毒薬の瓶を大樹に渡して去っていく。

翌日、千葉(渡辺いっけい)は直美(臼田あさ美)を詩織がいる営業所に連れて行く。不審死で保険の請求があったと勘繰る直美。だが、千葉は直美を保険に入れて紹介ポイントをもらおうとしているだけだった。夜、大樹は京子の自宅マンションを訪ね、営業記録を破ってから詩織に目の敵にされている事を打ち明ける。京子はもう少しだけ我慢すれば、きっと本社に戻れると言って怒る大樹をなだめる。

翌日、詩織は残業を命じた大樹を誰もいないオフィスで誘惑。本社に戻りたい大樹は一瞬言いなりになってキスをするが、すぐに我に返って詩織から離れる。翌朝、大樹が京子と出社すると、オフィスは大騒ぎになっていた。壁に詩織にキスする大樹の写真と「正田大樹は所長と寝て、営業成績を上げている!」という怪文書が貼られていたのだ。京子はショックを受けてオフィスから飛び出していく。大樹が詩織を犯人と疑って胸倉を掴むと、詩織は大樹に抱きつき、「もう本社には戻れないわよ」と耳元で囁く。

この後、大樹は京子を見つけ、詩織とは何もないと言い訳するが、京子は今は話したくないと言って去っていく。大樹は詩織を殺害する事を決意。その日の夜、大樹は毒を一滴垂らしたコーヒーを詩織に飲ませる。時刻は午後9時29分だった。翌日、京子は会社を欠勤し、大樹は理由がわからずに心配する。その日の帰り道、大樹は毒の瓶を回収に来たという松井に声をかけられる。その時、ちょうど24時間が経過し、松井は大樹に祝福の言葉をかける。翌朝、公園の階段下で詩織は遺体となって発見される。千葉と直美は営業所に現われ、大樹はバレたかもしれないと焦るが、千葉たちが話を聞こうとしていたのは京子だった。

動画視聴

 

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

(前半)


スポンサードリンク
           
 

 

 

(後半)


スポンサードリンク
           
 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間から検索 ‣曜日から検索

 

[毒<ポイズン>]TOPへ戻る

毒<ポイズン>7話ゲストキャスト

正田 大樹(ヒカリライフ保険営業所員) - 五十嵐隼士
秋山 詩織(ヒカリライフ保険営業所長・大樹の上司) - 伊藤裕子
吉野 京子(ヒカリライフ保険営業所事務員・大樹の婚約者) - 原幹恵
ヒカリライフ保険営業所員 - 末原拓馬、中村隆太

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO