【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

37歳で医者になった僕7話

37歳で医者になった僕7話

 

新しい“僕”始めます。


[37歳で医者になった僕]TOPへ戻る

 

ドラマ動画無料視聴

ドラマ「37歳で医者になった」動画無料視聴

case 7 医者としてでなく人として僕は… [12.5%]

【あらすじ・ストーリー】

すず(ミムラ)は、病院で一緒に働く林田(阿部力)が退職し、バックパッカーとして海外に行くことを知る。一方、祐太(草なぎ剛)が担当になった慢性甲状 腺炎の患者・香澄(中村ゆり)は、偶然にも林田の恋人だった。祐太は林田に彼女をそばで支えるよう提案するが、林田から脚の障害を理由に両親から交際を反 対されていることを聞く。さらに祐太は、すずの婚約者なら、健常者と障害者の‘線’を自覚すべきだと意見される。

動画視聴

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

 

 

 

(前半)


スポンサードリンク
           
 

 

 

(後半)


スポンサードリンク
           
 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間から検索 ‣曜日から検索

 

[37歳で医者になった僕]TOPへ戻る

37歳で医者になった僕 キャスト

多田 守 (65) - 北村総一朗
紺野の担当患者。高圧的な態度で接してくる新見は苦手。自身の脱サラから店の経営に至った経緯と紺野の境遇が重なり、紺野を応援している。多田の妻・亜矢子(岩本多代)は夫が回復するのを信じ、献身的に支えている。

木島 啓一 (41) - 甲本雅裕
紺野の担当患者。余命宣告を受ける。娘・里穂(畠山紬)が結婚するまで彼女を守るという、娘との約束を果たすため、最後まで懸命に生きようと認可が下りていない治験段階の新薬に望みを掛けた。妻・美香(岩橋道子)は、治療方針を真剣に考え真摯に接してくれた主治医への感謝の意を綴った手紙を紺野に渡す。

石浜 幸平 (61) - でんでん
沢村の担当患者。研修医に治療されるのを快く思っていない。

桑原 拓真 (51) - 徳井優
沢村の担当患者。糖尿病のコントロールを目的として入院する。それとは別に腹痛を抱えていたが、金銭的負担をこれ以上掛けたくない理由で黙っていた。

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO