【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

37歳で医者になった僕1話

37歳で医者になった僕1話

 

新しい“僕”始めます。


[37歳で医者になった僕]TOPへ戻る

 

ドラマ動画無料視聴

ドラマ「37歳で医者になった」動画無料視聴

case 1 僕は自分をやり直す為に医者になった [13.2%]

【あらすじ・ストーリー】

紺野祐太(草彅剛)は、大手食品メーカーに勤めていた元サラリーマン。あるきっかけで会社を退職して医学部に入り、研修医になれたのは37歳になってから。赴任先は東央医科大学病院の総合内科病棟。沢村瑞希(水川あさみ)たち同期の若い研修医たちの中で、37歳の祐太は明らかに目立っていた。 
祐太は勤務初日、内科トップの佐伯毅彦教授(松平健)らが治療方針を話し合うカンファレンスの席で、会議のやり方が非効率的だと意見。早くも指導医の新見悟(斎藤工)から注意を受けるはめに。
 ようやく初日を終え疲れ果てた祐太は、恋人の葛城すず(ミムラ)から「無理はしないで」というメールをもらい、励まされる。
 ある日、祐太は担当患者の妻から相談を受ける。夫が脳出血の後遺症で口から食事を摂ることが難しくなり、チューブで胃に直接栄養を送れるようにする「胃ろう造設」の手術を受けることになりそうだが、普通の食事がしたい夫は、それを望んでいないという.....

動画視聴

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

 

 

 

(前半)


スポンサードリンク
           
 

 

 

(後半)


スポンサードリンク
           
 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間から検索 ‣曜日から検索

 

[37歳で医者になった僕]TOPへ戻る

37歳で医者になった僕キャスト紹介

紺野 祐太 (37) - 草彅剛
大手・帝光食品会社営業開発本部のエリート社員であったが、ある事情により30歳で辞職。医学部に入り直し、37歳にして東央医科大の研修医となった。「患者が本当に求めている医療サービスを提供したい」という信念を持ち、自身の理想とは異なる大学病院の旧態依然とした体制や、その現実を目の当たりにする中で、信念のもと懸命に行動を起こしていく。研修終了後は民間の都立第一病院に就職する。

沢村 瑞希 (24) - 水川あさみ(少女期:紺野彩夏)
紺野と同期の研修医、同期4人のうち唯一の女性で帝都大学医学部を卒業した才女。考え方や生き方の違う祐太とは何かと衝突していく。本来は外科医を志望している。東央医科大から近いという理由でアパートを選んだ紺野と偶然にも同じアパートに住む。研修終了後は東央医科大学病院総合内科に再び戻る。

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO