【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

リーガル・ハイ7話

リーガル・ハイ7話

愛も、法も、嘘がすき。


ドラマ[リーガル・ハイ]TOPへ戻る

 


 
    
    
 

 

「動画を見る」

動画視聴

 

ドラマ動画無料視聴

ドラマ「リーガルハイ」動画無料視聴

第7話 骨肉の相続争い!醤油一族に潜む秘密と嘘 [14.2%]

【あらすじ・ストーリー】

古美門(堺雅人)と黛(新垣結衣)のもとに、地方企業の徳松醤油から遺産相続訴訟の依頼が舞い込む。亡くなったのは徳松醤油社長の徳松嘉平(菅登未男)。嘉平のもとで働いていた黛のいとこ・千春(木南晴夏)からの依頼だ。徳松醤油は辺ぴな片田舎にあり、古美門は現地に赴くことを固辞するものの、報酬目当てに結局行くことに。さらに、その話を聞いていた服部(里見浩太朗)も、休暇をとって彼らと共に徳松醤油に向かう。  現地で、徳松醤油代表取締役の徳松紀介(丸山智己)から至れり尽くせりの歓待を受ける3人。紀介の話によると、亡くなった嘉平には、長男の泰平(皆川猿時)、長女の清江(宍戸美和公)、そして次男の紀介という3人の子供がいるが、嘉平は会社を傾かせた泰平、奔放に生きてきた清江ではなく、紀介にすべての財産を託すという遺言書を遺したという。 しかし、泰平と清江もそれぞれ、ほぼ同じ内容の遺言書を嘉平から遺されたと主張。紀介は、2人に対して証書認否確認訴訟を起こし、すぐに解決するものと思っていたが、泰平、清江もそれぞれに弁護士を雇い、三つ巴の争いに。清江の弁護士は、徳松醤油顧問弁護士の田ノ下(山谷初男)、そして泰平の弁護士は、ことあるごとに古美門と対立する三木(生瀬勝久)、沢地(小池栄子)、井手(矢野聖人)のトリオだった・・・⇒動画視聴

 

「ドラマ動画を見る」 

 

(□前半 □後半 ■フル動画)動画視聴


 
           
 

 

(■※予備動画フル)動画視聴


 
     
     
 

 

(■※スマホ専用動画)映画動画 ※スマホのみ表示可能

 
 
 
 
 
 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間から検索 ‣曜日から検索

 

ドラマ[リーガル・ハイ]TOPへ戻る

リーガル・ハイ7話ゲストキャスト

黛 千春 - 木南晴夏
真知子の従姉妹。徳松醤油従業員。蟹頭村で生まれ育つ。都会に上京したことがなく、素朴で心優しい性格をしており、病床で伏せている嘉平の世話を誰よりも親身に見ていた。

徳松 紀介 - 丸山智己(幼少期:鈴木翼)
嘉平の次男。徳松醤油代表取締役。泰平、清江とは異母兄弟に当たり、自嘲して曰く「俺は芸者の子」だと劣等感を持っている。私生活では妻と離婚し、多額の慰謝料請求に悩んでいる。負債で傾いた会社を的確な経営手腕で立て直し、老舗企業の代表にふさわしい凄腕の経営者である。だがその一方では、経営維持のためにリストラなどの冷徹な手段を躊躇なく敢行するため、従業員からの人望はゼロに等しい。

徳松 泰平 - 皆川猿時(幼少期:高澤父母道)
嘉平の長男。徳松醤油の多角化経営に失敗し、嘉平の怒りを買い放逐される。その後、事業を始めるが行き詰まり、父親の死を切っ掛けに徳松醤油[3]を手中に収めようと画策する。

徳松 清江 - 宍戸美和公(少女期:石井晏璃)
嘉平の長女。徳松醤油の経営にはこれまで関与せず、自由奔放に生きてきた。自分の名前が記された法的に有効な年月日が新しい嘉平の遺言状を所持している。多額の遺産を手に入れるために行動する。

徳松 嘉平 - 菅登未男
徳松醤油三代目社長。由緒正しき名門と呼ばれる醤油醸造を一代で作り上げ、財を築いた後に老衰死する。気まぐれな性格であり、その日その時の気分によって遺言状を乱発したため、今回の騒動を招いた。

田ノ下 久作 - 山谷初男
徳松醤油顧問弁護士。遺産相続裁判に最も有利な清江の弁護を引き受ける。

徳松醤油従業員 - 伊吹吾郎
徳松醤油蔵元。服部と意気投合する。

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO