【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

ATARU(アタル)5話

ATARU(アタル)5話

[ATARU]TOPへ戻る

 

ドラマ動画無料視聴

ドラマ「ATARU(アタル)5話」動画無料視聴

CASE 05 本当にあった透明人間事件 [14.5%]

【あらすじ・ストーリー】

昇(玉森裕太)が通う帝都医科大学のキャンパス内で、植松教授(小島康志)が階段から転落して死亡した。目撃していたのは、階段を上がっていた精神科助手の浅尾(岡田義徳)と昇だった。知らせを受けた警視庁の沢(北村一輝)をはじめ野崎(千原せいじ)たちと舞子(栗山千明)が現場の調査にやってきた。現場の状況を確認すると、「先に階段を上がっていた浅尾の左側にいた人影が物陰に消えた」と昇は証言。校内放送で、植松が転落した時に近くにいた人を集めると、新薬説明会のため移動していた門倉教授(遠藤憲一)、精神科講師の桂井まどか(臼田あさ美)、優志製薬の北見(東根作寿英)や実習生たちが集まったが、転落の瞬間に居合わせた浅尾が姿を見せない。その後、研究室に現れた浅尾は、極度の方向音痴で集合場所にたどり着けなかったと詫びる。そして、転落の瞬間「教授は一人だった」と証言。昇と浅尾の証言は食い違っていた.....

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

 

 

 


スポンサードリンク
           
 

 

 


スポンサードリンク
           
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間から検索 ‣曜日から検索

 

[ATARU]TOPへ戻る

ATARU(アタル)5話

昇は自身が通う帝都医科大学で精神科教授の植松が転落死する現場に遭遇する。その際、昇は階段から左側を通った白い影を目撃するが、昇と共に現場に居合わせた精神科助手の浅尾は植松以外に誰も見ていないと話し、証言に食い違いが生じてしまう。テレビで事件を知ったチョコザイは病院を抜け出し帝都医科大学に現れ「ブレイン ハルシネーション(脳 幻覚)」と昇が幻覚を見たのではないかと疑ってしまう言葉を発する。その後の捜査で植松の周辺で怨恨の線が浮上するも事件は捨て山として結論付けられ、昇も証言に自信を無くしてしまう。そんな中、チョコザイは「ご飯食べなかった」「真ん中はどこ?」の言葉をしきりに訴えてくる。

門倉 松雄 - 遠藤憲一
帝都医科大学精神科教授。「門倉研究室」を束ねる。抗うつ剤に関する論文について「利益相反行為である」と植松に指摘していた。血圧とコレステロールの錠剤を服用している。

浅尾 茂樹 - 岡田義徳
帝都医科大学精神科助手。「門倉研究室」所属。何をするにも間抜けで鈍臭く失敗も多い。医学生の頃から帝都医科大学に10年以上在籍しているがそれでも迷ってしまう程、重度の方向音痴である。

桂井 まどか - 臼田あさ美
帝都医科大学精神科講師。「門倉研究室」所属。浅尾の恋人。植松に論文を酷評されたことで准教授への道を絶たれる。なぜか自分が話そうとする言葉が遮られる。

井下田 悦四郎 - 池田鉄洋
帝都医科大学脳外科医。会話の合間に「うん」という感嘆詞を挟む語り口が特徴。

北見 光治 - 東根作寿英
製薬会社「優志製薬」MR(医薬情報担当者)。事件当日に朝食付きの説明会を開催していた。「優志製薬」は植松の講座に多額の賄賂を贈っていた。優志製薬の抗うつ剤は効果が疑問視されていたが、植松が良い結果だけを論文に書き売れるようになる。

大島 香 - 岩田さゆり
昇の医学生仲間の一人。

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO