【PR】アドセンスの厳しい審査のバナー広告に疲れたら

忍者Admaxがお得で最適!!ワンクリック10円以上!!

家政婦のミタ1話

家政婦のミタ1話

[家政婦のミタ]

日本テレビ水曜22時11.10.12~11.12.21/54分/11回/25.2%
主題歌:斉藤和義 やさしくなりたい出演:松嶋菜々子長谷川博己相武紗季忽那汐里、平泉成、白川由美本田望結

 

「承知しました」「それは業務命令でしょうか」「それはあなたが決めることです」


[家政婦のミタ]TOPへ戻る

 

ドラマ動画無料視聴

ドラマ「家政婦のミタ1話」動画無料視聴はこちらから

第1話 崩壊寸前の家庭にやって来た笑顔を忘れた氷の女… [19.5%]

【あらすじ・ストーリー】

妻・阿須田凪子(大家由祐子)の死から、2ヶ月が経った阿須田家は、満足に家事が出来る者が居らず、荒れていた。
「姉ちゃん、洗濯には柔軟剤を使えって言っただろ」「じゃー、自分で洗濯機の使い方を覚えなさい」
家政婦のミタこと三田灯(みた・あかり=松嶋菜々子)がやってきたのは、いつものように、騒々しい日の朝だった。
朝7時ちょうどに、玄関の呼び鈴がなる。次女の阿須田希衣(本田望結)がドアを開けると、家政婦のミタ(松嶋菜々子)が立っていた。
母親の49日も過ぎ、父親の阿須田恵一(長谷川博己)が家政婦を雇ったのだったのだが、想像した家政婦よりも若いので、阿須田恵一は面食らう。
阿須田恵一(長谷川博己)が家族に家政婦のミタ(松嶋菜々子)を紹介する。ミタは室内を確認し、家族を送り出すと、早速、仕事に取りかかった。
阿須田恵一(長谷川博己)が会社で働いていると、携帯電話が鳴った。相手は、阿須田恵一が家政婦の派遣を依頼した晴海家政婦紹介所の晴海明美(白川由美)だった。
晴海明美(白川由美)は阿須田恵一(長谷川博己)に、「愛想は悪いですが、仕事は完璧にこなします。ただ、言われたことは何でもやる。気をつけてください。人を殺せと言われれば、本当にやりかねないので」と忠告した。
阿須田恵一(長谷川博己)が帰宅すると、トイレもお風呂も綺麗になっていた。夕食も美味い。
一家が揃って食事をしていると、死んだ妻・阿須田凪子(大家由祐子)の妹で、教師をしている結城うらら(相武紗季)がやっていくる。
結城うらら(相武紗季)が来るとトラブルばかりを起こすので、子供は結城うららのことを嫌っていた...

 

「ドラマ動画を見る」 

ドラマ無料動画視聴HOME

 

 

 

 


スポンサードリンク
           
 

 

 


スポンサードリンク
           
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

 

ドラマ無料動画視聴HOME

俳優女優から検索 ‣放送期間から検索 ‣曜日から検索

 

[家政婦のミタ]TOPへ戻る

家政婦のミタ キャスト紹介

三田 灯(みた あかり) - 松嶋菜々子
本作の主人公。阿須田家に派遣された家政婦。昭和50年12月25日生まれ、36歳。旧姓は仁村(母の再婚前は市川)。家事全般における洗練されたスキルと、1秒単位にも及ぶ時間感覚の正確さ、さらに他人の言葉でさえ一字一句間違えず覚える記憶力を備え、あらゆる仕事を完璧にこなす凄腕の家政婦。家事以外にも遊戯・語学・数学・情報収集力などあらゆる技能を備えており、顧客の要望には「家政婦」の域に留まらずあらゆる面で対応できる。他人には「家政婦の三田です」と名乗る。必要最低限のこと以外は口にしない上、いかなる時も喜怒哀楽を出さずロボットのように無機質な雰囲気を漂わせている。体温も希衣が驚くほど低い。業務命令であれば、スキルの及ぶ範囲内なら一般人でも出来る簡単な作業かられっきとした犯罪行為まで、その内容に関係なく「承知しました」の一言で何でもやってしまう。

しかし、「笑え」という指示だけは業務命令でも決して遂行することはなく、一切の個人情報の暴露もしくは笑顔を強制されるなら「お暇をいただく」と宣言している。背後に立たれることを嫌い、背後から触れられると反射的に相手を投げ飛ばしてしまう。住民票上は晴海家政婦紹介所に住んでいるということになっているが、業務時間外にどこで寝泊まりしているのかは晴海も知らない。休日には決まって遊園地内の飲食コーナーでファミリーセットを買って特定の席に座り、そこから閉園まで全く動かず何かを見つめるように過ごしている。幼少期に川で溺れた自分を助けようとした父親が溺死し、それ以来母親に疎まれるようになるという過去を持つ。母親の再婚後は継父からの劣情と、再婚後生まれた弟との差別的扱いに苦しみながらも、家政婦として出入りしていた晴海に励まされながら懸命に笑顔を作り暮らしてきた。大学入学後は海外での長期ボランティア活動に従事、派遣先で医者と患者として知り合った夫・直也と結婚、息子・純をもうけ一度は幸せを手に入れる。

しかし異父弟・義彦の歪んだ愛情からストーカー行為を受け、逆恨みで家に放火されたことで夫と息子を喪う。実母と義母の双方から全ての責任を押し付けられ、「二度と笑うな」と罵倒されたことによって心的外傷を負い、それ以来笑わないと心に誓うようになる。自分が意思を持つと周りの人が不幸になると思い込んでおり、「ロボットのように命令された業務を遂行するだけでいい」という理由で家政婦の仕事に就いている。外出時にはダウンジャケット(寒さも暑さも感じないので夏でも着用する)、息子の形見であるワークキャップと腕時計、夫の形見であるドクターズバッグを愛用し、その中からは随時必要な物がドラえもんの四次元ポケットのように出てくる。なお家族の写真はバッグにはしまわず、ポケットに携帯している。決め台詞である「承知しました」を言った回数は全話で88回、過去最多は最終回の18回。瞬きの回数は全話で563回、過去最多は最終回の212回であった。灯という名前には「暗いところにも灯をともすような子になるように」という意味が込められている。

 

■どなたでも視聴可能(見易さ/速さ順) YouTube:Y Dailymotion:D FC2:FC2 Veoh:V Wat:WT 56:56 Letv:LT Tudou:TU PandoraTV:P その他:SO